受付時間

まちの樹鍼灸整骨院 0820-25-3612

交通アクセス

自律神経失調症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 薬を飲んでいるがよくならない
  • 肩こり、首のこりがひどく揉んでも治らない
  • 不眠で体が常にだるくて疲れやすい
  • イライラや落ち込んだりする
  • 倦怠感、焦燥感がある
  • 息苦しさや、息がつまるようで落ち着かない

自律神経失調症とは|柳井市 まちの樹鍼灸整骨院・整体院

柳井市 まちの樹鍼灸整骨院・整体院には、自律神経失調症でお悩みの方が来院されています。

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つの種類の神経の事をいいます。

交感神経は主に仕事や運動など「外での活動を中心に行う神経」です。

そして副交感神経は主に睡眠や休憩などリラックスする「身体の内側の活動の中心に関わる神経」です。

自律神経は姿勢や消化器官だけでなく、心臓、肺、脳といった「生命を維持する運動」を、何も意識しなくても周囲の気温や気圧の変化などの環境に合わせられるよう調整しているのです。

健康な状態では交感神経と副交感神経が交互にバランスよく活動していますが、何らかの原因でこのバランスが崩れしまうことがあります。そんな「バランスの不具合」がいわゆる“ 自律神経失調症 ”と呼ばれています。

自律神経失調症について、日本心身医学界では「検査をしても、その症状を裏づける所見が見いだされず、また器質的病変がないにも拘わらず、さまざまな不定愁訴を訴える状態」と定義しています。

簡単に言えば、いろいろな検査をしても原因は分からないけれど、本人の訴えとして身体の異常な感じや不快感、つまり「不定愁訴」があるという状態なのです。

「不定愁訴」とは自律神経系の様々な種類の自覚症状のことで、症状の現われ方にかなり個人差があり非常に不安定・不特定で、いろいろな要因によって出てくるものです。

自律神経は全身の器官の働きに関わる神経なので、そのバランスが崩れることで起こる症状も様々です。その人の気質(性格など)・体質によっても、自律神経失調症で目立つ症状が変わってきます。

腹痛や便秘・下痢といった胃腸症状が出やすい方もいれば、頭痛や吐き気などの頭部の症状が出やすい方もいます。

そして身体の症状だけでなく、精神症状も出ることがあります。心と体は密接に関係していて、ホルモンや消化吸収などの内分泌系や免疫系などとも関係しています。

ですから自律神経失調症は、身体だけではなく心にも様々な症状が認められます。

  • 全身症状としては
     疲労感、睡眠障害、ほてり、冷えなど
  • 精神症状としては
     イライラ、憂うつ、やる気が出ない、感情の起伏が激しくなる、集中力の低下など
  • 各部位の症状としては
     頭痛、めまい、食欲不振、腹痛、便秘、下痢、息切れ、目の疲れ、耳鳴り、口の渇き、動悸、
     胸の痛み、頻尿、月経不順、肩こり、手足のしびれ、発汗など

人により様々です。

自律神経失調症の原因|柳井市 まちの樹鍼灸整骨院・整体院

症状が人によって違うように、その原因も当然ですが人によって違います。

自律神経のバランスが乱れるのには、原因がこれだけと言うものではなく、いろいろな要因が複雑にからみあっているためです。

よくある例として

姿勢の悪さ

姿勢の悪さも身体の深刻なストレスです。患者さんの多くが姿勢に問題があります。

自律神経は脳から脊髄を通って全身へ信号を送り出すため、姿勢が悪く背骨や骨盤が歪んでいると、自律神経が乱れる原因になります。

長時間のスマホ作業やパソコン仕事などが多い現代人は姿勢が崩れやすいので要注意です。

生活のリズムの乱れ

夜更かし、夜型の生活、夜間勤務や、子供の頃からの不規則な生活習慣など、朝起きて夜に眠るという人体のリズムを無視した社会環境や生活習慣が自律神経失調症を引き起こします。

過度なストレス

仕事などの社会的ストレス、育児、人間関係、精神的ストレス、環境の変化など、過剰なストレスが蓄積すると自律神経失調症になりやすいです。

環境の変化

現代の生活はテレビ・インターネットやSNSで環境が目まぐるしく変化して適応能力が疲れて衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事などの環境の変化などへの不適応で自律神経失調症になる場合もあります。

ストレスに弱い体質

子供の頃からすぐ吐く、下痢しやすい、感受性が高い、環境がかわると眠れないなど、生まれつき自律神経が過敏な人もいます。

また思春期や更年期などのホルモンバランスが不安定な時、身体が弱っている時などは自律神経のバランスが乱れやすくなります。

ストレスに弱い性格

ノーと言えない、感情処理が苦手、気持ちの切り替えができない、人の評価を気にしすぎる、完璧主義、人との関係を結ぶのが苦手、依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い傾向のある人も自律神経失調症になりやすいタイプです。

自律神経失調症は男女ともに起こりますが、女性の方が明らかに多いです。その理由としては、主に3つの要因があります。

  • ・女性ホルモンの生理的な変化
  • ・甲状腺ホルモンが乱れやすい
  • ・女性の方が感情の起伏が多い

女性ホルモンは、脳の視床下部と呼ばれる部分がコントロールをしています。

実は視床下部は、自律神経系のバランスを司っている部分なのです。ですから女性ホルモンの影響はとても大きく、月経などによる毎月の周期的な変動、年齢に伴う変動に伴って、自律神経症状が現れやすいのです。

自律神経の治療は病院の薬だけでは限界があります。

精神的な症状がある場合はそれを緩和する薬も必要ですが生活習慣の見直しや姿勢の状態の改善が大事です。

当院の施術|柳井市 まちの樹鍼灸整骨院・整体院

当院では姿勢の状態を正確に把握できる様にしっかりと問診や視診、触診を総合的に行うカウンセリングをしてそれを分かりやすくお伝えします。

そして姿勢の悪さを改善する筋肉や筋膜にアプローチする筋膜リリースで筋膜の状態を整え、身体の動きがスムーズになる様に背骨や骨盤のバランスを整えるストレッチやモビライゼーションなど個人に合わせたオーダーメイドの治療をしてきます。

柳井市周辺で自律神経失調症でお悩みの方は、まちの樹鍼灸整骨院・整体院にご相談ください。

まちの樹鍼灸整骨院

0820-25-3612

住所
〒742-0021 山口県柳井市柳井4709-1
アクセス
柳井駅より車で5分
駐車場完備
定休日
日曜・祝日
※水・土曜午後は13:00まで。

受付時間

  • 交通事故・むち打ち治療
  • 鍼灸治療

HOME

アクセス・料金

患者様の声

施術メニュー

交通事故施術メニュー

営業時間

平日:9:00-13:00、15:00-19:30
土曜・日曜:9:00-13:00
※定休日:日曜、祝日
※交通事故の方は21時まで対応可能

住所

〒742-0021 山口県柳井市柳井4709-1
駐車場4台完備

電話番号

0820-25-3612

まちの樹鍼灸整骨院へのアクセス

フジ柳井店から徒歩3分
柳井中学入口交差点そば